診療案内

診療別INDEX

はじめての方へ

よくあるご質問

携帯サイト
当院の携帯版ホームページをご覧になる場合はQRコード読み取り対応の携帯電話で下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QRコード
携帯へアドレスを転送する

歯周病・歯周内科治療

原因である悪玉菌を除菌することで善玉の菌を増やすことができ、痛い思いをせずに2週間ほどで歯肉がきれいになります。

歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。口臭、口の中のネバネバ感、歯ぐきの赤み、腫れ、出血、揺れて噛めないなどの症状が起こります。

歯を失わないために、治療とメンテナンスを行っていきましょう。

下記の症状に当てはまる方は歯周病の可能性があります。

・歯ぐきからの出血
・歯ぐきの腫れ、赤み、痛み
・歯が浮いたような感覚
・口臭、口腔内のネバネバ感
・歯の根本の痛み など

今までの治療法と新しい治療法

今までの治療法は、歯周病の原因となる悪玉菌を消すことができなかったので、歯ブラシの訓練、麻酔をしての歯石とり、歯周外科など痛い思いをしながら、何ヶ月もかけて治療する方法。しかし歯ブラシをちょっとさぼるとまた悪化・・・などの繰り返しでした。
新しい治療法は、まず、お口の中の歯垢(プラーク)をとり、顕微鏡でどのようなバイ菌がいるかを実際に皆様に見ていただきます。その上で歯周病を進める悪い菌がいた場合は、歯周内科治療に入ります。

歯周病の進行を速める悪玉菌

カンジダ

カンジダ

カビの一種で主食はコラーゲン。歯肉を食い破り体の中に進入します。 それに伴い他の細菌が体の中に進入してくるのです。 他の細菌のゆりかごやお城になります。

トレポネーマ

トレポネーマ

スピロヘーターの一種で口臭の原因。歯肉の中で毒素を出しながら増殖します。ウネウネとした蛇のような形の菌。

運動性桿菌

運動性桿菌

口臭の原因。歯肉の中で毒素を出しながら増殖。動きが速いのが特徴。

歯周内科治療

位相差顕微鏡(いそうさけんびきょう)という、生きたままの細胞を観察できる顕微鏡でお口の中の細菌の種類や数を検査して、その細菌に合った薬を服用して体の内側から、そしてカビを取り去る歯磨き粉で体の外側から、さらに歯石取りをおこなって、細菌とカビを除去していきます。
歯周内科治療は、歯周病に効く薬を内服するのがポイントなのですが、もっと大きなポイントは、位相差顕微鏡でお口の中にいる細菌を確認することです。歯周病菌が多いのか、あるいはカビが多いのか、もしくはどちらもほとんどいないのか。細菌の種類と数が分からないと薬の選択ができないので、位相差顕微鏡できちんと確認することがポイントです。
位相差顕微鏡でチェック
  • 位相差顕微鏡でチェック
  • 口腔内の細胞を採取し、それを「位相差顕微鏡」を使って観察します。
    口の中には数え切れない種類の菌が存在します。
    患者様の口の中にどのような歯周病菌が存在しているかと、菌の状態(種類、数、活動性)をチェックします。
細菌を取り除くための薬を服用
  • 細菌を取り除くための薬を服用
  • 歯周病が発見された場合、菌の種類、数、活動性などにより薬を処方します。
    善玉菌はそのままにし、悪玉菌だけに薬を使い、除菌します。もちろん痛みはありません。
    人により異なりますが、だいたい投薬開始から3日頃から除菌の効果があらわれてきます。
カビ取り剤の使用
  • カビ取り剤の使用
  • さまざまな種類のカビの除去薬剤、あるいはカビ取り歯磨き剤での歯磨きで、様々な歯周病菌やカビを減少させます。
除菌後の歯石除去
  • 除菌後の歯石除去
  • 治療後、歯周病は感染症なので再感染に気を付けましょう。菌が感染しないように歯磨きでお口を清潔に保ち、ときどき再感染していないか定期検診を受けたり、歯石を除去して口腔内を清潔に保つことが必要です。
メンテナンス
  • メンテナンス
  • 毎日の歯磨きで落ちないような歯の汚れを、歯科医院用機器を用いてきれいにクリーニングし、歯周病を予防する処置をPMTCと言い、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット内の部分もきれいに汚れを取り除きます。

治療前と治療後の比較

治療前
治療後

PMTCとは

P・M・T・Cとは、プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニングの略です。
PMTCは簡単に言うと、歯磨きしても落ちない歯の汚れや細菌の巣(バイオフィルム)を、歯科医師・歯科衛生士が専門的に器械を用いて強力に取り除きます。これにより、100%とはいきませんが多くの悪玉菌を取り除く事ができ、PMTCは虫歯や歯周病の予防になります。
このような効果がある為PMTCは、口臭の気になる方、セールスビジネスマンにビジネスウーマン、また結婚前の花嫁エステ感覚に来院される方が沢山おります。 歯の表面を舌でさわってもツルツルになって気持ちがいいとおっしゃって3ヶ月毎に来院されるファンの方もいらっしゃいます。
歯の健康のみならず、気持ちも明るくなり、朝起きた時、口の中のネバネバ感がなくなったという方もいらっしゃいます。歯の隅々まできれいになるので、PMTC治療は虫歯や歯周病の予防とご自分の歯の寿命を延ばす事にもつながります。
治療前
治療後
下記のような効果が期待できます。
・虫歯の予防:バイオフィルム(歯の表面の汚染物質)を破壊。プラークの再付着防止。
・歯周病の改善:歯肉の周りのプラークを除去し、歯肉炎の症状を改善。
・口臭予防:歯や歯周ポケット内の菌も除去するため口臭を改善。
・審美性の向上:歯の着色汚れ(ステイン)を除去。光沢のあるきれいな歯に。
・歯質の強化:フッ素入りジェルで歯の再石灰化を促進し強い歯に。
歯周病の治療後のメンテナンスとして、矯正中の矯正装置やブリッジなどの周りの、自分では磨けないような所の汚れの除去に活用できます。

よくあるご質問の全般のご質問ページをご参照・ご一読ください。

ページの先頭へ