診療案内

診療別INDEX

はじめての方へ

よくあるご質問

携帯サイト
当院の携帯版ホームページをご覧になる場合はQRコード読み取り対応の携帯電話で下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QRコード
携帯へアドレスを転送する

インプラント

残りの自分の歯も大切にしたい方、自分の歯と同じ感覚で食べたい方には、インプラントは、ぜひ一度考慮する価値のある治療法です。

インプラントとは 1本(すべて込み) 30万円〜(手術代+かぶせ)

インプラントとは

歯が抜けてなくなってしまった部位に、天然の歯根に代わる人工の歯根(インプラント)を埋めて骨としっかりと結合した後、その上に人工歯を固定し失った審美性・機能性を回復する治療方法です。
従来の治療方法のように健康な歯を削ったり、取り外しをしたりすることありません。

インプラント治療は、入れ歯があわない・噛めない、歯が抜けてお困りの方、健康な歯を削らずに噛めるようにしたい方に適しています。歯の抜けた部分にインプラント(人工歯根を植立)をすることにより、動いて噛めない、異物感が強くて入れていられない等の入れ歯の不便さから解放されます。条件を満たせば、歯が抜けた部分をインプラントのみで回復できるため、ブリッジのように両隣の健康な歯を削らずに噛めるようになります。

  • インプラントとは

    人工歯根には、人体に馴染みやすく腐食の心配がない素材(チタン)を使用します。人体への拒絶反応の心配もありません。

    インプラントは、見た目にも天然の歯に非常に近いですし、自分の骨と人工の骨が直接結びつき自分の歯と同じようにしっかりと噛むことができるので、噛む力も天然歯の約80%程まで回復可能です(入れ歯の場合、約30~40%)。

  • 現在では、インプラントは、歯科治療に必要不可欠な術式の一つになりつつあり、インプラントを骨の中に固定する術式は確立され、その予後は予知性の高いものとなっています。
    また、定期的にメンテナンスを行い、噛み合わせの調整をすることが、インプラントでは特に重要となります。
    インプラント治療を、歯を植えるというだけで終わることなく、その後のケアーをすることによって、口腔内環境の長期安定ということを常に考えております。

インプラントのメリットとデメリット

インプラントは審美的、機能的に優れた治療法ではありますが、誰でも簡単に出来る、絶対に良い治療結果が得られるというような万能なものではありません。

インプラントのメリット

  • 見た目がよく、天然の歯とほとんど同じ
  • 噛み応えがよく、天然の歯とほとんど同じ
  • しっかり咬み合わせを調節する事によって話しやすくなる
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 噛んでも歯ぐきに痛みはない
  • 入れ歯・ブリッジと比べても耐久性が高い
  • インプラントをすると周りの歯も長持ちする
  • 噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめる
  • 楽しい食事は体を健康に保つだけでなく心までも健康にする

インプラントのデメリット

  • 歯をぬくのと同じ程度の外科手術が必要
  • 比較的長期間(3ヶ月~1年以上)の治療期間が必要
  • 保険が適応されないので、高額治療となる
  • 心臓病・糖尿病・骨粗鬆症などの疾患をお持ちの場合は、インプラントができないことがある
  • インプラントを維持するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要

インプラント治療の流れ

診査・診断・治療計画
  • 診査・診断・治療計画
  • インプラント治療に必要な診査を行い、治療が可能かどうかの診断を行います。治療可能な場合は、患者さんと相談しながら治療計画を立てます。
初期治療
  • 初期治療
  • むし歯、歯周病などは先に治療を行います。
    また、タバコは血流が悪くなり傷の治りが遅くなりますので、インプラント治療前後は禁煙にご協力ください。
インプラント埋入手術
  • インプラント埋入手術
  • インプラントを埋入する部位の歯肉を開き、顎の骨にインプラントを埋入します。
アバットメントの接続
  • アバットメントの接続
  • インプラントが骨にしっかり結合するまで約1.5~6ヶ月程度待ち(この間、必要に応じて仮歯を入れますので、日常生活に差し支えありません。)、アバットメント(支台部)をインプラントに接続します。
人工歯の装着
  • 人工歯の装着
  • 歯を製作するためにお口の中の型を取ります。作成した人工歯をアバットメント(支台部)に装着して完成です。
メンテナンス
  • メンテナンス
  • インプラントの形や特徴をよく理解した上で、担当医の指導に従ってブラッシングを行ない、歯垢や歯石の沈着を防ぎます。歯を長持ちさせるために、定期的に担当医の検診を受けることをお勧めします。

治療例

歯が1本ない場合は、隣の歯を削らずに修復

術前

術後

歯が数本ない場合は、ブリッジで修復

術前

術後

歯が全てない場合は、固定式のデンチャーを用いて固定

術前

術後

パノラマ撮影で見るインプラント術前と術後

術前

術後

よくあるご質問の全般のご質問ページをご参照・ご一読ください。

ページの先頭へ